共有持分を相続することになった場合 共有解消ドットコム 弁護士 高谷滋樹 です。 | 不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

共有持分を相続することになった場合 共有解消ドットコム 弁護士 高谷滋樹 です。

共有名義の不動産については、相続時にトラブルを引き起こす可能性があります。今回は以下でその問題点をみていきましょう。   ①  共有持分がさらなる細分化をしてしまうこと   例えば、土地を2分の1ずつ共有している場合に、共有者の一方がお亡くなりになって相続が開始した場合には、共有持分が相続人の数だけ細分化することとなります。 すると、利用者

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image