賛否を明らかにしない共有者がいる事例における管理事項の決定 |不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

賛否を明らかにしない共有者がいる事例における管理事項の決定

社会経済活動が広域化する中で、共有者が共有物から遠く離れて生活し、共有者間の人間関係が希薄化する事例が増えてきました。

これにより、共有物の管理に関心を持たず、賛否を明らかにしない共有者が出てきてしまい、共有物の管理が困難になっていました。

そのため、賛否を明らかにしない共有者がいる場合には、裁判所の決定を得て、その共有者以外の共有者の持分の過半数により、管理に関する事項を決定することができるよう、改正がなされました(改正民法252条2項2号)。

この規定は、賛否を明らかにしない共有者の持分が、他の共有者の持分を超えている場合や、複数の共有者が賛否を明らかにしていない場合であっても利用できます。

ただし、変更行為や、賛否を明らかにしない共有者が共有持分を失ってしまうことになる抵当権の設定といった行為には、利用できません。

手続の流れは、①事前の催告、②申立て・証拠提出、③1カ月以上の賛否明示期間・通知、④他の共有者の同意で管理をすることができる旨の決定、⑤共有者間での決定となります。

まず、①事前の催告では、共有者は他の共有者に対し、相当の期間を定め、決定しようとする管理事項を示した上で、賛否を明らかにすべき旨を催告する必要があります。

ここでいう相当の期間は、通常2週間程度とされます。

また、法律上、催告の方法が定められてはいませんが、裁判で証明するという観点から、書面等で行って証拠化しておくことが重要であるとされています。

次に、②申立て・証拠提出についてです。

まず、管轄裁判所は、共有物の所在地の地方裁判所となります。

また、賛否不明であることの証明をする必要があり、つまり事前催告に対して対象の共有者が賛否を明らかにしていないことを証明する必要があります。

さらに、対象行為である、決定しようとする管理事項を特定する必要があります。

そして、③1カ月以上の賛否明示期間・通知では、裁判所が対象共有者に対して賛否明示期間内に賛否を明らかにするよう通知します。

その期間内に賛否を明らかにした共有者がいた場合、当該共有者については、④において裁判所が認容決定をすることができません。

そのため、⑤共有者間での決定において、当該共有者を排除することはできません。

もしも、賛否を明らかにしない共有者に加えて、所在等不明共有者がいる場合には、本手続とあわせて、所在等不明共有者の手続をすることによって、これらの手続で排除される者以外の共有者で決定し、管理することができます。

 

実際には,具体的・個別的な事情によって法的な分類が異なることもあります。

実際の共有物の扱いの問題に直面されている方は、ぜひ、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

不動産に関する諸問題は、弊所 都総合法律事務所 まで御相談ください。

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

共有解消ドットコム

https://kyouyukaisyou.com

http://jinushi-law.com

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

その他のコラム

相続人である旨の申し出等(相続人申告登記、令和3年改正)

令和3年改正により、相続人である旨の申し出等(相続人申告登記)が新設されました(不動産登記法76条の3)。 これは、令和6年4月1日に施行されます。 同改正で義務化された相続登記の申請は、相続人が複数人おり、遺産分割協議が難航した場合、期限内の履行が困難となります。 まず、不動産の所有者が死亡した場合、その相続人間で遺産分割の協議がまとまるまで、相続人全員が法定相続分の持分割合で

共有物の使用方法でもめたら大変だ。

共有物の使用ルール   共有不動産について、その使用ルールを決定したいと考えた場合、どのように決定したらいいのでしょうか。 また、使用ルールがうまく決まらない場合に、訴訟を提起して使用ルールを裁判所に決定してもらうことは可能なのでしょうか。 まず、各共有者は共有物の全部について、持分に応じて使用することができます(民法249条)。 そのため、共有者間で使用ル

下水排泄のための隣地利用権についての判例

ライフラインである下水管を隣接地に設置する際に、下水管の敷設工事の承諾及び当該工事の妨害禁止請求が権利の濫用とされた判例があります(最判平成5年9月24日)。     この事例では、下水管の設置を請求した側の所有する建物が、建築確認を受けておらず、加えて特定行政庁の工事の施行の停止命令を無視しており、建築基準法に違反して建築されていました。したがって、

建ぺい率と容積率

建ぺい率・容積率は、ある土地に対して、どのくらいの規模の建物を建てることができるかを判断する際の指標となるものです。 建ぺい率とは「敷地面積に対する建築面積の割合」です。例えば、敷地面積100㎡で建ぺい率が60%の土地の場合、建物の建築面積は60㎡となります。ここでいう建築面積とは、建物を真上から見たときの面積になりますので、バルコニーなどがせり出しているような場合には注意が必要です。

隣地使用権の内容に関する規律 

現行民法209条1項本文は、「土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。」と定めています。 しかし、「隣地の使用を請求することができる」とは具体的に何ができるのかが明確でなく、とりわけ隣地所有者が所在不明である場合の対応が難しくなっていました。そこで、改正法では、隣地使用権の内容に関する規律が整備されました。

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image