民泊の現状~展望 |不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

民泊の現状~展望

【現状】

新型コロナウィルス感染拡大の影響でインバウンド需要が大幅に減り、民泊業界は苦境に立たされています。オリンピック特需を見込んで業界に参入した業者も少なくなく、海外観客の受け入れがなくなったことで民泊業界への逆風が止まりません。

ワクチン接種が始まり、新型コロナウィルス収束への小さな希望が見え始めたかに思えた時期もありましたが、変異種の発現などもあり、民泊事業者にとって先の見えない状況は続いています。

 

【頑張り】

廃業を余儀なくされる民泊事業者が増加している一方で、何とか活路を見出そうと新たな事業を展開する事業者たちもいます。

民泊事業に利用していた物件を生かして転用する場合、どのような方法があるでしょうか。以下にいくつかの転用例を挙げます。いずれの場合も大きく分ければ民泊から賃貸への転用といえますが、ターゲットとする顧客層は民泊の立地などの諸条件を考慮すべきであることがわかります。

一つめは、マンスリーマンションとしての転用です。短期滞在のインバウンド向けに展開された民泊事業ですが、新たなターゲットとして中長期滞在のビジネスマン向けにマンスリーマンションとして貸すことが考えられます。家具家電が揃っていて、都市部に近い立地であれば、マンスリーマンションとして転用できる可能性は高いのではないでしょうか。

二つめは、テレワークや会議などに利用できるレンタルスペースへの転用です。宿泊利用の場合に比べると、清掃に手間がかかりませんので、繁華街の近隣や駅の近くなど需要の見込める立地であれば一考の価値はあると言えるでしょう。

三つめは、各種教室・ワークショップなどの開催場所として提供する場合です。こちらもレンタルスペースとしての転用ですが、地域密着型の施設として、住宅街・郊外などにある民泊でも需要が見込める可能性があります。

 

【展望】

インバウンド需要がほとんどなくなってしまった状況下において、民泊ビジネスには悲観的な見方もありますが、その一方で日本人観光客向けに民泊をリノベーションするなど、国内需要を掘り起こす動きもみられています。また、先にみたように、様々な形態に比較的容易に転用できる点は民泊の強みとも言えます。さらには、多くの業者が廃業したことにより、好立地の居抜き物件が多数市場に出回っている状況をチャンスとみて、投資に乗り出す事業者もでてきています。

様々な活用法を模索しながら、来るべき日の宿泊ニーズに応えられるよう、いかに準備を進めていられるかが問われているのではないでしょうか。

 

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

不動産に関する諸問題は、弊所 都総合法律事務所 まで御相談ください。

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

共有解消ドットコム

https://kyouyukaisyou.com

http://jinushi-law.com

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

その他のコラム

外国人は日本の不動産を購入できるのです。

外国人は日本の不動産を購入できることは、すでに確認しましたが、いざ実際に購入するとなると、どのような書類が必要で、どのような手順を踏む必要があるのでしょうか。 今回のコラムでは、実際に外国人が日本の不動産を購入するに必要なプロセスについて解説していきます。 1  購入したい不動産、不動産会社を探す まずは買いたい物件が見つからないことには始まりません。 今は、インターネット等を用いることで

不動産購入の際に費用を共同で拠出した場合

不動産を購入する際に、その費用を共同で拠出する場合があります。   共同で拠出した場合は、拠出した金額の割合に応じた共有持分により申請しなければなりませんが、共有持分の登記が適正に行われていない場合もあります。   そのような場合にはどのように対応すればいいのでしょうか。 一部しか拠出していないにもかかわらず、建物や土地を取得し拠出した金額の割合と

民泊の現状~展望

【現状】 新型コロナウィルス感染拡大の影響でインバウンド需要が大幅に減り、民泊業界は苦境に立たされています。オリンピック特需を見込んで業界に参入した業者も少なくなく、海外観客の受け入れがなくなったことで民泊業界への逆風が止まりません。 ワクチン接種が始まり、新型コロナウィルス収束への小さな希望が見え始めたかに思えた時期もありましたが、変異種の発現などもあり、民泊事業者にとって先の見えな

不動産売買における売買代金の支払い

不動産の売買の際は、支払期日までに売買代金を支払う必要があります。 実務ではトラブル防止のために、売買代金の支払いと引渡しができるだけ同時に行われています。 内金や残預金も、法律上売買代金の一部であるため、同様に支払期日までに支払う必要があります。 民法上、金銭債務の弁済は通貨を持ってなすべきとされているため、それに従うと、売買代金は原則現金でしか支払うことができません。

共有持分を売却して現金化する方法

共有持分を売却して現金化したいと考えた場合、どのような方法があるのでしょうか。 売却方法としては、大きく2つの方法が考えられます。   【不動産の一部を売却する方法】 ①共有持分を売却する方法 自分の共有持分を他の共有者や不動産会社に売却するという方法で、他の共有者の同意が不要なため、迅速に売却し現金化することができます。 ただし持分権を売ることになる

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image