相続登記の義務化(不動産登記法改正) |不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

相続登記の義務化(不動産登記法改正)

令和3年の不動産登記法改正により、相続登記の申請が義務化され、令和6年4月1日に施行されます。

 

相続登記とは、相続不動産の名義変更の手続きのことを言います。

 

これまでは、相続が発生したとしても、相続登記がなされないことが往々にしてありました。

 

その原因としては、2つ挙げられています。

 

まず、相続登記の申請は任意であり、申請しないことによる相続人の不利益が少なかったこと、そして、相続した土地の価値が低く、売却が困難な場合に、コストをかけてまで申請するインセンティブがなかったことです。

 

これらの理由により相続登記がなされないこと等が原因となって、約20%の土地が所有者不明土地となってしまっています。

 

今回の義務化は、相続登記がなされないことによる、所有者不明土地の発生を予防することを目的としています。

 

 

本改正では、相続・遺贈によって不動産を取得した相続人は、その所有権の取得を知った日から3年以内に相続登記を申請することが義務付けられました(改正不動産登記法76条の2第1項)。

 

被相続人の死亡を知った日からではないため、不動産を取得したことを知らなければ、3年の期間は開始しません。

 

 

また、遺産分割の話し合いがまとまった場合には、遺産分割が成立した日から3年以内に、不動産を取得した相続人は、その内容を踏まえた登記をしなければならないこととされました(改正不動産登記法76条の2第2項)。

 

 

上述の義務に正当な理由なく違反した場合、10万円以下の過料が科せられます。

 

これらの義務は、法改正以前から相続登記をしていない不動産についても適用されます。

 

 

 

 

共有に関して、なにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

 

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

 

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

 

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

 

共有解消ドットコム

https://kyouyukaisyou.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

その他のコラム

住所等変更登記の申請義務化(令和3年不動産登記法改正)

令和3年不動産登記法改正により、自然人・法人ともに、住所等の変更登記の申請が義務化されます。 これは、令和8年4月までに施行されることとなっています。 所有者不明土地が発生する原因は、不動産の相続登記がなされないことに次いで、住所等変更登記がなされないことが主な原因とされています。 その原因は、①住所等の変更登記の申請は任意であり、申請しないことによる所有者への不利益が少なかった

職権による自然人の住所等変更登記(令和3年不動産登記法改正)

令和3年不動産登記法改正により、他の公的機関からの情報に基づき、登記官が職権で変更登記を行うことができるようになります(改正不動産登記法76条の6)。   この規定の施行は、令和8年4月までに行われます。   これは、住所等の変更登記の申請義務の実効性を確保するための環境整備策として、手続の簡素化・合理化を図ることを目的としています。  

共有物の使用方法でもめたら大変だ。

共有物の使用ルール   共有不動産について、その使用ルールを決定したいと考えた場合、どのように決定したらいいのでしょうか。 また、使用ルールがうまく決まらない場合に、訴訟を提起して使用ルールを裁判所に決定してもらうことは可能なのでしょうか。 まず、各共有者は共有物の全部について、持分に応じて使用することができます(民法249条)。 そのため、共有者間で使用ル

裁判による共有物の分割方法

改正前民法では、裁判による共有物の分割方法として、現物分割(共有物を共有持分割合に応じて物理的に分割する方法)と競売分割(共有物を競売によって第三者に売却し、その売却代金を共有持分割合に応じて共有者で分割する方法)が挙げられていました。   また、現物分割を検討後に競売分割を検討するという検討順序が規定されていました(改正前民法258条2項)。 もっとも、判例では、別途

建ぺい率と容積率

建ぺい率・容積率は、ある土地に対して、どのくらいの規模の建物を建てることができるかを判断する際の指標となるものです。 建ぺい率とは「敷地面積に対する建築面積の割合」です。例えば、敷地面積100㎡で建ぺい率が60%の土地の場合、建物の建築面積は60㎡となります。ここでいう建築面積とは、建物を真上から見たときの面積になりますので、バルコニーなどがせり出しているような場合には注意が必要です。

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image