マンション の 第三者管理方式 とは。 |不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

マンション の 第三者管理方式 とは。

マンションを管理する際、区分所有者が理事会によって管理するという形が一般的でした。

しかし近年、第三者管理方式という形で管理する事例が増えてきています。

 

第三者管理方式とは、

例えば管理会社やマンション管理士といった第三者の外部専門家に管理組合の運営を任せるという方式です。

国土交通省が作成した標準管理規約では、外部専門家を活用する主要な3パターンとして、以下のものが挙げられています。

 

①     理事・監事外部専門家型又は理事長外部専門家型

理事会は存在し、管理者が理事長となるパターンのことを指します。外部専門家は、理事(理事長を含む)又は監事、すなわち役員に就任します。そのため、区分所有者である役員は、理事会の一員である外部専門家とともに理事会を運営することになります。

 

②     外部管理者理事会監督型

理事会は存在しますが、管理者は理事長になりません。

そして、①と異なり、外部専門家は、役員ではなく、管理者に就任することになります。

このパターンにおいて理事会は、監視を目的とする監事的な立場となります。理事会の役員にさらに別の外部専門家を選任することも可能です。

 

③     外部管理者総会監督型

これまでの2パターンと異なり、理事会は存在せず、総会のみのパターンを指します。

したがって、理事会は廃止され、理事長も存在しません。

そのため、区分所有者が理事になる必要もありません。

また、②と同様に、外部専門家は役員ではなく、管理者に就任します。

このパターンにおいて区分所有者は、監事による監視又は監査法人等による外部監査をすることになります。

 

分譲マンションは、共有不動産です。

そういう意識が高くないのが実情ですが。

共有不動産ゆえに、結果として管理ができないという羽目に陥ってしまいます。

 

共有に関して、なにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

 

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

共有解消ドットコム
https://kyouyukaisyou.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。
https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。
https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

その他のコラム

ライフライン設備の設置権等の新設規定(令和3年民法改正)

各種ライフラインのための導管等の設置は、日常生活にとって不可欠です。   もっとも、導管等を設置しようとすると、どうしても他人の土地等を通ってしまう場合があります。 しかし、導管等を他人の土地に設置する場合において、どのような根拠に基づいて対応すべきか、はっきりとは規定されていませんでした。実務では、民法や下水道法11条を類推適用することで対応されていました。 &

不要な土地の処分について

使い道のない不要な土地を持っている人は、次第にその土地を管理しなくなり、挙句の果てには相続が発生しても相続登記もしない、というケースに発展します。 その結果、最近問題になっているのが所有者不明土地です。   登記簿をみても誰のものか分からず、仮に誰のものか判明しても所有者に連絡がつかないケースが増えてきています。 そんな、社会問題とも化している所有者不明土地を生ま

下水排泄のための隣地利用権についての判例

ライフラインである下水管を隣接地に設置する際に、下水管の敷設工事の承諾及び当該工事の妨害禁止請求が権利の濫用とされた判例があります(最判平成5年9月24日)。     この事例では、下水管の設置を請求した側の所有する建物が、建築確認を受けておらず、加えて特定行政庁の工事の施行の停止命令を無視しており、建築基準法に違反して建築されていました。したがって、

相続人である旨の申し出等(相続人申告登記、令和3年改正)

令和3年改正により、相続人である旨の申し出等(相続人申告登記)が新設されました(不動産登記法76条の3)。 これは、令和6年4月1日に施行されます。 同改正で義務化された相続登記の申請は、相続人が複数人おり、遺産分割協議が難航した場合、期限内の履行が困難となります。 まず、不動産の所有者が死亡した場合、その相続人間で遺産分割の協議がまとまるまで、相続人全員が法定相続分の持分割合で

共有物の使用方法でもめたら大変だ。

共有物の使用ルール   共有不動産について、その使用ルールを決定したいと考えた場合、どのように決定したらいいのでしょうか。 また、使用ルールがうまく決まらない場合に、訴訟を提起して使用ルールを裁判所に決定してもらうことは可能なのでしょうか。 まず、各共有者は共有物の全部について、持分に応じて使用することができます(民法249条)。 そのため、共有者間で使用ル

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image