海外不動産投資 共有解消ドットコム |不動産などの共有物解消に強い弁護士|都総合法律事務所

共有解消ドットコム
不動産などの共有物の解消手続に強い都総合法律事務所

海外不動産投資 共有解消ドットコム

海外不動産投資を始めたい方向けに、海外不動産の選び方について解説いたします。

 

まずどのような投資を行うとしても、投資目的を最初に決めておくのがベストです。

そうすることで、自分の目的に合わせて、どのようなリスクをとり、どれくらいのリターンを得たいのか、また、どのような情報が必要なのか、を明確にすることができます。

海外不動産投資の場合に重要になってくるのは、投資先の国、不動産会社、物件の価格帯、目標利回り、家賃収入、物件の売却益、ローン利用などです。

自分の目的に合わせて、何を重視するかを決めるのがいいでしょう。

特に重要な投資先の国は、新興国と先進国でそれぞれメリット・デメリットが存在します。新興国は、人口増加に伴う経済成長による安定的な賃料収入や、経済成長による物価の上昇によって不動産の売却益を見込むことが出来ます。

 

しかし、新興国であることから、政治的不安定性や法制度の未整備などのリスクが存在します。

一方で先進国は新興国と正反対です。

先進国投資は、新興国と比較するとカントリーリスクが低く、不動産関連法制の整備も進んでいます。

しかしながら、新興国のような高い経済成長率は見込みづらいため、物価の上昇幅は小さいことに加えて、そもそもの物件価格が高く、高利回りは期待できません。

 

また、海外不動産投資では、不動産会社の選定も重要です。海外での情報収集や各種手続きなどの多くを、不動産会社に委任して現地で対応する必要性があるからです。

現地の言葉に堪能であり、日本と現地の税制等の関連法制に詳しいのであれば、現地の不動産会社と掛け合うことも可能ですが、そうでない場合は、投資先の国に進出している国内の不動産会社の方がリスクは低いです。

 

不動産投資に関して、なにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

弊所は、フィリピンの不動産事情にも対応しております。

 

フィリピンセンター

http://p-center.net

 

フィリピン企業情報館

http://p-toukibo.com

共有に関して、なにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

共有解消ドットコム

https://kyouyukaisyou.com

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

その他のコラム

民泊の現状~展望

【現状】 新型コロナウィルス感染拡大の影響でインバウンド需要が大幅に減り、民泊業界は苦境に立たされています。オリンピック特需を見込んで業界に参入した業者も少なくなく、海外観客の受け入れがなくなったことで民泊業界への逆風が止まりません。 ワクチン接種が始まり、新型コロナウィルス収束への小さな希望が見え始めたかに思えた時期もありましたが、変異種の発現などもあり、民泊事業者にとって先の見えな

外国人は日本の不動産を購入できるのです。

外国人は日本の不動産を購入できることは、すでに確認しましたが、いざ実際に購入するとなると、どのような書類が必要で、どのような手順を踏む必要があるのでしょうか。 今回のコラムでは、実際に外国人が日本の不動産を購入するに必要なプロセスについて解説していきます。 1  購入したい不動産、不動産会社を探す まずは買いたい物件が見つからないことには始まりません。 今は、インターネット等を用いることで

京都初ソーシャルアパートメント「NEIGBORS 京都二条城」オープン

  「NEIGHBORS 京都二条城」が京都初のソーシャルアパートメント型賃貸物件としてオープンしました。   ソーシャルアパートメントとは、住人同士が交流できる場である共有スペースを設けている賃貸物件です。一見すると、シェアハウスと何ら変わらないようにも思われますが、似てはいるものの異なった設計となっています。   すなわち、シェアハウ

外国人は日本の不動産を購入できるのか?

まず、大前提として、外国人は日本の不動産を購入できるのでしょうか。 その答えは、「YES」です。 日本の不動産は、外国人でも日本人と同様に所有権を取得する事が可能。 土地についても所有権が認められております。 所有権の期限は無く、自由に売買することができ、相続させることも可能です。 購入時にかかる税金等も日本人が購入するのと違いはありません。 近年、東京オリンピックの決定や

海外不動産投資 共有解消ドットコム

海外不動産投資を始めたい方向けに、海外不動産の選び方について解説いたします。   まずどのような投資を行うとしても、投資目的を最初に決めておくのがベストです。 そうすることで、自分の目的に合わせて、どのようなリスクをとり、どれくらいのリターンを得たいのか、また、どのような情報が必要なのか、を明確にすることができます。 海外不動産投資の場合に重要になってくるのは、投

関西の共有物の分割手続のご相談は
都総合法律事務所へ

induction-image